プラチナ!プラチナ!プラチナ!

清楚な、ひんやりとした白い輝きが、純潔と永遠をイメージさせることから、貴金属の中では金よりも価値があるとされてきたプラチナ。ジュエリーとして好まれるのは日本だけ、と言われながらもダイアモンドと同じく最上位の代名詞としても使われるのはご存じの通り。

ところでそんなプラチナ、貴金属相場では金と立場が逆転現象が起きているとか。とはいえ、希少元素には違いなくその輝きが褪せることはないです・・・今までなら単純にシルバー、でしたが、ここまで輝く色合いだとプラチナがふさわしいですね、この招福財布は。